最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【LGP4】不具合・誤記・要望 | トップページ | 【ツール】シーンエディタ »

【コラム】ウイルスバスター2008

セキュリティソフトを、ウイルスバスター2008に変えてから、LGP4でコンパイルしたプログラムを実行すると「不審な変更を拒否しました」というメッセージが出て少しの間ソフトの動作が止まっていました。

ここ数日、DelphiでDirectXを使ってソフトを作っているのですが、やっぱり同じ警告が出ました。

Vb2008_dx

LGPのせいではなかった模様。いつも疑ってごめんなさい。

・・・で、対策はどうすれば・・・
詳細を見ると、「DLLの設定を変更しようとしている」らしきことが書かれているので、多d3dx9とかのことなんだろうと想像。最新版のランタイム入れたら出なくなるんだろうか?(現在のは DorectX 9.0c (4.09.0000.0904))

今やるのはちょっと怖いので放置中。。。

« 【LGP4】不具合・誤記・要望 | トップページ | 【ツール】シーンエディタ »

DirectX」カテゴリの記事

コメント

ウィルスバスター2009にアップデートしましたが状況は変わらず・・・。
結局、出てくるダイアログでこのプログラムを「許可」にするしかなさそうです。あるいはDLLの監視をOFFにするかですかね・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【LGP4】不具合・誤記・要望 | トップページ | 【ツール】シーンエディタ »