最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【Delphi】デバッグ時の動作遅延 | トップページ | 【QuadrupleD】DDSDを使うと誤動作 »

【LGP4】ライトの効果

コンパイル後実行した場合と、生成されたEXEを直接実行した場合とで、ライトの効果が違うことがありました。

以下の画像はシーンエディタで作成したデータをプレビューする簡単なプログラムを実行したものですが、見比べるとEXE実行時にはディレクショナルライトの効果が出ていないように見えます。

Lt_cmp
下の画像はライトの効果が出ています。(白くなってしまっているのオブジェクトがあったり、後ろの壁にライトの効果が出ていないのもエラー気味ではありますが・・・)
ちなみに、同じシーンをDelphi + Quadruple D で表示すると以下のようになります。Lt_smp_qd
D3Dの実装方法が違うので(多分)単純に比較はできませんが、ライトのパラメータやシェーディングは極力近づけてあります。

原因は、環境によるものなのかプログラムの組み方によるものなのかちょっとわかりません。

« 【Delphi】デバッグ時の動作遅延 | トップページ | 【QuadrupleD】DDSDを使うと誤動作 »

LGP4」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【Delphi】デバッグ時の動作遅延 | トップページ | 【QuadrupleD】DDSDを使うと誤動作 »