最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「LGP3」の記事

【UPDATE】LGPワークベンチ(ベータ版)

LGPワークベンチを更新しました。
本バージョン(ver 0.1)よりベータになりました。

Lgpwb_beta_2

●最新版 ver 0.1.090630 ベータ ■ダウンロード■

続きを読む "【UPDATE】LGPワークベンチ(ベータ版)" »

【UPDATE】LGPワークベンチ(アルファ版)

LGPワークベンチ(アルファ版)を更新しました。

ver 0.0.080914 alpha

続きを読む "【UPDATE】LGPワークベンチ(アルファ版)" »

【LGP】X VIEWER

 Direct3DのX形式ファイルを表示するビューワーをLGP3で作りました。
制作時間実に・・・30分。LGPのすごいところはなんといってもこの簡単さです(笑)。もちろん自作エディタと付属ライブラリを使ってコーディングしました…ライブラリ使ったからこの時間でできたんだけど^^;

Xview_001

 なんでこんなしょーもない物作ったかというと…、

続きを読む "【LGP】X VIEWER" »

【ツール】LGP Tools

LGPでのプログラム開発を支援するツールたち。
今までLGP3用のモーションエディタとマップエディタは作ったのだけど、開発環境(コードエディタ)が無かったので、今回はそこを重点的に。
また、これを期に旧態化した他のツールもVer UPして最終的に各ツール間でデータ連携も出来たらと。さて、どこまで実現できるやら・・・。

Lgptool3_3

■LGP Tools
・フリーソフトの予定
・制作 2007年~
・使用言語 Turbo Delphi 2006
・ツールの構成
  1.ワークベンチ(開発環境 IDE): ベータ版公開中
  2.モーションエディタ: ↓マップエディタへ統合
  3.マップエディタ: アルファ版公開中

続きを読む "【ツール】LGP Tools" »

【LGP3】テクスチャのボケをなくす

対象:
 G3@TXLOAD

症状:
 どうやっても、テクスチャにフィルタがかかりボケてしまう。

対処:

 ※以下、公式掲示板、LGPファン氏より伝授。

 1.G3@TEXLOADは使わない。 どうやっても補正されます。
  G@CHRLOADで読み込んでから、G3@TEXMAKEでテクスチャをつくり、
  G3@TEXFROMCHARで貼り付けます。 これが一番重要。

 2.元画像は絶対に2の累乗で。表示時に指定範囲の切り出しができるから大丈夫です

 3.当然のごとく、フィルターは切りましょう

 4.(おまけ)半透明処理をするときはブレンド値を設定しないと半透明になりません。



備考:
 4.はうちの環境ではそのままの設定でも半透明になるよ?

続きを読む "【LGP3】テクスチャのボケをなくす" »

【DLL】ウインドウ位置制御

WINPOS (DLLとLGPヘッダ)

LGP3用。

公式BBSで octopus氏からいただいたもの。
ウインドウの位置制御のほか、
・ハンドル取得
・サイズ取得
が可能。

※転載条件がわからないので、ファイルはUPしていません。

【音楽ソフト】MIDI to MOTION PRODUCER(仮)

M2mp_delphi

■MIDI to MOTION PRODUCER (仮)
・同人ソフト
・制作 2006年~進行中
・言語 LGP3 , Delphi2006

続きを読む "【音楽ソフト】MIDI to MOTION PRODUCER(仮)" »

【LGP3】テクスチャのサイズは2の累乗

LGPというよりも、DirectXの仕様でテクスチャなど利用する画像サイズは、2の累乗でなければストレッチされてしまう。

2,4,8,16,32,64,128,256,512 あたりが無難。
プライマリサーフェスの横幅より大きなものを読み込めないビデオカードがあるので注意。
640x480の画面なら最大幅は512が無難てことで。

【DLL】コモンUI DLL

自作
LGP3用に作成。
使用言語:Delphi

コモンコントロールUIを提供する。
今のところ、
・ファイルを開くダイアログ
・ファイル保存ダイアログ
の二つだけ。

「comui.lzh」をダウンロード

このライブラリを使用したことにより、使用者に損害が起きても当方は一切責任を負いません。自己責任で利用してください。

【DLL】MCIインターフェイスDLL

自作。
LGP3用に作成。
使用言語:Delphi

MCIを利用して各種メディアを再生する。(Delphi TMediaPlayerのラッパー)
名前はMIDILIB.DLLだが、MCIで扱えるファイルならば何でもOK。
・音声の場合はそのまま再生。
・ムービーの場合は映像用のウインドウが別窓で開く。
 →LGPのウインドウにムービーを描画できないか試験する予定。

メディアと同期するための関数も用意。
・メディアの長さの取得(ミリ秒, フレームなど単位設定可能)
・再生位置の取得(同上)
・状態の取得(再生中、一時停止中、停止中など)
・複数トラック再生(音楽CD=CDDAのトラックに対応)
などなど。

「midilib.lzh」をダウンロード

このライブラリを使用したことにより、使用者に損害が起きても当方は一切責任を負いません。自己責任で利用してください。

その他のカテゴリー