最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「Quadruple D」の記事

【QuadrupleD】正射影変換

モデリングソフトの三面図なんかでよくある、奥行き感の無い投影方法です。手前も奥も同じ大きさで表示されます。
オブジェクトの配置などはこの方が便利なことも多いのでQuadruppleDに実装してみます。

続きを読む "【QuadrupleD】正射影変換" »

【QuadrupleD】ワールド座標→スクリーン座標

QuadruppleDを使った場合の、ワールド座標→スクリーン座標変換。
マウスで3Dオブジェクトを選択する場合などに使えないかと。

続きを読む "【QuadrupleD】ワールド座標→スクリーン座標" »

【QuadrupleD】線(2頂点)ポリゴン

 QuadrupleDのプリミティブが扱えるのは3頂点ポリゴンのみなので、線ポリゴンを引くのは困難。
 そこで、ちょっと無理やりだけどSXlibのTSXmesh.Vbufに3点分の頂点を(x1,y1) (x2,y2) (x2,y2)と入れてみる試み。

続きを読む "【QuadrupleD】線(2頂点)ポリゴン" »

【Delphi】DirectMusicを使う

Delphi2006でDirectXを使うために、Quadluple Dを使っているのだけど、DirectMusicのインターフェイスが無いので自前で用意しようという試みです。

2007.8.15時点での状況は・・・

「実装できたけど、COMを開放するところでアクセスエラーが出る」

状態です。ほとほと困ってます。

続きを読む "【Delphi】DirectMusicを使う" »

その他のカテゴリー